「3days」記事色々〜

もしもしテギョンちん集〜♡

c0308778_13255241.jpg

c0308778_13255265.jpg

c0308778_13255322.jpg


c0308778_13255345.jpg

アヒル口、可愛いぞ(*^o^*)







004.gif

Kstyle記事より


JYJ ユチョン「Three Days」放送終了の感想を語る“セウォル号事故の悲しみを共にします”
MYDAILY |2014年05月02日12時49分

2日、ユチョンは所属事務所を通じて、韓国で1日に最終話が放送されたSBS水木ドラマ「Three Days」(脚本:キム・ウニ、演出:シン・ギョンス)に出演した感想を伝えた。ユチョンは「大統領と国家、そして信念と正義を守るために奮闘したハン・テギョンに昨年の夏に出会い、昨日まで本当に感謝の気持ちに溢れた日々でした」と伝えた。

続いて「監督さん、脚本家さん、そしてソン・ヒョンジュ大統領やチャン・ヒョンソン警護室長をはじめとする先輩方と共演しながら、目で深い心を語る方法を学び、温かく良い話を聞かせていただいたことに感謝しています。忘れずに生きていきます」とし、共演した俳優たちに感謝の言葉を伝えた。

またユチョンは「今日も自分のことよりも皆のために、信念のために努力なさっている方々に尊敬の意を表します」としながら、「セウォル号沈没事故の悲しみや苦しみを共にします。大切な人を失った方々に心より哀悼の意を表し、慰めの言葉をお伝えしたいと思います。ありがとうございました」としっかりと締めくくった。

「Three Days」最終話(第16話)の放送末尾では、旅客船セウォル号の沈没事故により家族を失った遺族に「元気を出してください」という希望のメッセージを伝えた。
元記事配信日時 : 2014年05月02日10時44分
記者 : シン・ソウォン










004.gif

「Three Days」最終回、視聴率13.8%で自己最高視聴率を更新!“有終の美”
MYDAILY |2014年05月02日10時25分

SBS水木ドラマ「Three Days」が自己最高視聴率を更新して放送終了となった。

視聴率調査会社ニールセン・コリアによると、1日に韓国で放送された「Three Days」の最終回は視聴率13.8%(以下、全国基準)を記録した。これは4月30日の視聴率12.3%より1.5%上昇した数値で、自己最高視聴率を更新した。

これは同時間帯に放送されたドラマのうち、最も高視聴率である。MBC水木ドラマ「改過遷善」(過ちを改め善に遷る)は視聴率7.1%を記録し、4月30日の6.9%より0.2%上昇、KBS 2TV水木ドラマ「ゴールデンクロス」は視聴率6.1%で、前回の6.6%より0.5%下落した。
元記事配信日時 : 2014年05月02日06時39分
記者 : イ・スンロク







004.gif

「3デイズ」終演!ユチョン、ソン・ヒョンジュとともに息をのむ最終回、熱演が輝いた!
スポーツ ソウルドットコム | 2014/05/02 10:56

c0308778_16593823.jpg


[スポーツソウルドットコム|キム・ハンナ記者] 「3デイズ」は“穴”がなかった。何より、ユチョン(JYJ)、ソン・ヒョンジュ、チェ・ウォンヨンまで、3人主役の熱演が輝き、作品を強烈に導いた。

1日夜、SBS水木ドラマ「3デイズ」(脚本:キム・ウニ、演出:シン・ギョンス)が終演した。放送終始、迫力あふれる展開とどっしりとしたメッセージを伝える作品として好評を博した「3デイズ」は、総制作費100億ウォンをかけた大作らしく、華麗な見どころで視線を圧倒した。そして中で最も目を引いたのは、ユチョン、ソン・ヒョンジュ、チェ・ウォンヨンなどの俳優たちによるカリスマ圧巻な演技だった。

c0308778_16593917.jpg


大統領警護室のエリート警護官のハン・テギョン役を演じたユチョンは、節制された演技と大胆且つ華麗なアクションで、これまでみせてきたソフトなイメージを強烈に変えた。
劇中父の濡れ衣を晴らし、命を狙われる大統領を守るために、事件の中心に飛び込んで表現する節制された内面演技は、視聴者たちの集中度をいっそう高めた。骨を惜しまないアクションも見どころだ。列車、エレベーター、廊下など、場所を選ばないアクション映画のような演技は、好評を受けるに十分なもので、男の匂いを漂わせる熱演は、俳優としての成長を証明するきっかけになった。


ソン・ヒョンジュは「申し分ない俳優」という修飾語をもう一度証明した。彼は暗殺の危機に迫られる大統領のイ・ドンフィ役を務め、巨体勢力と戦いながら葛藤する繊細な感情演技を披露した。

大統領府の中でカリスマ吹き出しながら威厳をみせるものとは異なり、市場を訪問して庶民的な姿を見せる素朴な姿も印象的。また視線をひきつける冷たい表情演技や優しい大統領の姿を行き来する切り替えは、視聴者を魅了するに完ぺきな演技だった。また大統領と警護員という関係に生まれた、男たちならではの濃い義理も際立たせた。


チェ・ウォンヨンは、品格のある悪役でイメージ変身を試みた。彼はいつも笑ってはいるが、その裏で自分の利益のためなら、他人の犠牲もためらわずに犯す残酷な財閥会長のキム・ドジン役を演じた。
MBCドラマ「百年の遺産」、SBSドラマ「相続者たち」を経て、マザコン息子から優しい父親まで、さまざまな演技をみせてきた彼は、「3デイズ」で180度異なるキャラクターを演じ、優れた演技力を証明した。チェ・ウォンヨンは、資本主義の最高権力的な財力を背景に、卑劣な姿を見せると同時に大統領、ハン・テギョンを始める国家との戦いを、圧倒的な力で自分の存在感を誇示しながら、最後の最後まで緊張の紐を緩めない見事な悪人演技を繰り広げた。








003.gif

イノライフ記事より



放映終了『3days』、ユチョンの真価再確認
エンタメ 2014/05/02(Fri) 09:20

c0308778_13203741.jpg

JYJのユチョンが『3days』を通じてもう一度底力をアピールした。
ユチョンが主役を演じたSBSの水木ドラマ『3days』は、1日の第16話を最後に幕を下ろした。

劇中、大統領府のエリート警護官ハン・テギョン役を演じたユチョンは男性美あふれるカリスマ、胸に響くまなざしの演技、果敢で華麗なアクションでお茶の間をひきつけて再び“俳優パク・ユチョン”の底力を立証した。

肩の負傷でアクション演技が容易ではなかったのに、ユチョンは列車アクション、窓ガラスアクション、エレベーターアクションなど多様なアクション演技をやりこなして“アクション本能”をありのままに発散した。ユチョンの迫力感あふれるアクション演技は『3days』の魅力ポイントの中の1つだった。武術監督もやはり「アクション演技の息を教えれば即座に感じがよく出るようにやりこなす」と、ユチョンのアクション本能を絶賛した。

ユチョンの専売特許である感性演技もやはりかかせなかった。父の死の前に絶望する息子ハン・テギョン、巨大な事件のうずの中で孤軍奮闘する警護官ハン・テギョンの姿を多様なまなざしと表情で完全に演じきった。

演出を担当したシン・ギョンス監督は「回を追うごとにびっくりする。シーンごとに新しい解釈と瞬発力を見せてユチョンがあたかも警護官ハン・テギョンそれ自体ではないかと感じられるほど」とし、「ユチョンはスマートさと瞬発力、ディテールを作り出す創造力まで優れた俳優」と絶賛した。 [写真=SBS/ゴールデンサムピクチャーズ]






004.gif


“俳優”JYJ ユチョンは「Three Days」で何を得たのか?本日(1日)放送終了
OSEN |2014年05月01日17時43分

SBS水木ドラマ「Three Days」が、本日(1日)幕を閉じる。作品をリードした主人公JYJのユチョンは、確かに「Three Days」で目に見える成長と結果を収めた。

ユチョンは「Three Days」の主人公として大先輩のソン・ヒョンジュと共に笑い無しのシリアスなドラマをリードした。100億ウォン(約10億円)の大作、ジャンル物の達人キム・ウニ脚本家の新作、成功を続けているSBS水木ドラマの1つなど、放送開始前から話題を集めた「Three Days」を背負ったのもユチョンだった。

放送終了を控えたユチョンは、この重い肩の荷に耐えただけの存在感が与えられた。華やかだが負担でもある「Three Days」を真正面で受け止めて、彼は存在感をアピールした。役者としての自身の実力を視聴者に証明してみせたのだ。すでにユチョンに対してアイドル出身の役者としての懸念が提起されていないことがその証拠である。

また、ユチョンは自身の演じられるキャラクターの幅を広げた。劇中でハン・テギョン(ユチョン)は父の死から疑問を抱き始め、大統領イ・ドンフィ(ソン・ヒョンジュ)を守るために奮闘し、警護室内のスパイを突き止める。また、彼は大統領を凌駕する巨大な権力であるキム・ドジン(チェ・ウォニョン)との戦いでもひるまない。しかし、病院でも恋愛し、法廷でも恋愛すると言われるドラマで、彼に与えられたロマンスシーンは気付かないほど少ない。その代わりに、ジャンル物の強烈さだけが満ちている。それにも関わらず、ユチョンはハン・テギョンという難しいキャラクターを見事に演じ、視聴者の視線を集めることに成功した。
c0308778_1314722.jpg


これはつまり、ユチョンの役者としての可能性を見せたことになる。KBS 2TVで放送された時代劇ラブコメ「トキメキ☆成均館スキャンダル」で役者の道に飛びこんだユチョンは、これまでにMBC「ミス・リプリー」、SBS「屋根部屋のプリンス」、MBC「会いたい」などに出演してきたが、それほどキャリアは長くない。それでも人々が彼を役者として認める理由は、このような幅広いイメージチェンジの可能性を持つ潜在力のためだ。

さらに、ユチョンは「Three Days」で派手なアクションを披露するチャンスを与えられた。警護官の役割に相応しく、たくさんのアクションシーンが彼に与えられ、ユチョンはそのたびに機敏なアクションで注目を浴びた。アクション俳優ユチョンの始まりだった。

「Three Days」は同時間帯の視聴率1位を記録し、高い話題性まで持っている。しかし、視聴率の数字だけを見ると、SBSの水木ドラマの中では満足できる成果を収めなかったのも事実だ。それにも関わらず「Three Days」は視聴率では説明できない、俳優ユチョンの可能性を残した。

「Three Days」の後続作として今月7日からイ・スンギ、チャ・スンウォン、Ara主演の「君たちは包囲された」が放送される。「君たちは包囲された」は、圧倒的なビジュアルの警官4人組みが、レジェント捜査官に出会って展開される行き当たりばったりの青春ロマンス捜査物だ。
元記事配信日時 : 2014年05月01日09時04分
記者 : パク・ジョンソン














004.gif

TVデイリー記事


「スリーデイズ」の最終回、「正義」のメッセージを投げた

c0308778_1314544.jpg



ドラマ「スリーデイズ」が正義と希望のメッセージを投げて最終回を迎えた。

1日放送されたSBS水木ドラマ「スリーデイズ」(脚本キム·ウニ、演出シン·ギョンス)16話(最終回)では、テロリストキム·ドジン(チェウォニョン)会長が死んで正常を取り戻した大韓民国の姿が描かれた。

大統領イドンフィ(ソン·ヒョンジュ)は、命をかけて第2のヤンジンリ事件を阻止し、最終的には国民を救った。キム·ドジンの爆弾テロを防ぐために、イドンフィは、直接爆弾カバンを持って死地に飛び込む選択で国民を大切する真の大統領の姿を見せた。

以後キム·ドジン手下たちに対する検察の調査が開始され、手下たちは一様に罪を後悔しなかった。

キム·ドジンの命令の下人の命をハエのように思っていた彼の手下たちは「正義、使命感。そんなことで何ができるのでしょうか?家も持てないような定義私には必要ありませんでした」と自分の罪を合理化した。

また、彼らは 「キム・ドジン会長が死んですべてが終わったと思いますか。世の中は依然としてお金が支配しており、今後もそうでしょう」と悲観した。

しかし検察は「大丈夫です。 また捕まえます。 誰がその場を占めようがまた捕まえるでしょう。 私が疲れたといっても誰かが代わりにするでしょう」として「そのような世の中が私が生きたい世の中です。 お金でなく正義のために生きる人がまだ多いです。 そのような人を私たちは希望と呼びます」と所信を表わした。

c0308778_131486.jpg


続いて放送末尾には、「これまでのドラマの日程でセウォル号の痛みを一緒にしていなかった。これから視聴者に戻って、悲しみと痛みを分かち合うだろう。遺族の皆さん頑張ってください」という制作陣のメッセージが字幕で出てくる感動を加えた。




004.gif

TVデイリー記事より


「スリーデイズ」のパク·ユチョン、結局ソン·ヒョンジュ守り、ハッピーエンド

c0308778_1314639.jpg


パク·ユチョンが、結局ソン·ヒョンジュを守り、ハッピーエンドを迎えた。

1日に放送されたSBS「スリーデイズ」ではハンテギョン(パク·ユチョン)が、最終的に大統領イドンフィ(ソン·ヒョンジュ)を護る姿が描かれた。

悪人キム·ドジン(チェウォニョン)と会った席で、最後の爆弾を持って出て行ったイドンフィは、最終的には爆弾が隠されていることを知らないキム·ドジンが自分の携帯電話の爆弾のスイッチを押すようにした。爆弾が爆発し、二人の生死が不透明になった状況で、放送末尾びっくり反転が行われた。キム·ドジンは死を迎えたが、大統領イドンフィは、命を救ったともこと。当時、爆弾は車に隠されていた、そこをすぎたイドンフィは致命傷を避けることができたこと。

事件が終わった後、病室にいた大統領イドンフィとハンテギョンの対話が意味深につながった。イドンフィ大統領はハンテキョンが自分を守ってくれるという約束を守ったとし、「その時、私は本当にキム·ドジン会長と一緒に死のうと思いをしました。それが唯一、彼を防ぐことができる方法だと思った」と話した。

続いてイドンフィは、「そのとき私心にかけてくれたのは警護官たちだった。何をしようが私は一生懸命生きていくでしょう。それは私がその人々に与えることができる最小限の礼儀ですからね」と語った。続いてイドンフィは「私を守ってくれたように、あなたの信念のために戦い抜いてください。私はあなたに恥ずかしくないように私の場所で戦い抜きます。」と不正との戦いは続くことを示した。結局、イドンフィとハンテギョンは共に命を救い、キム·ドジンを膺懲したハッピーエンドが広がった。

この日の放送ではハンテギョン、ユンボウォン(パク·ハソン)のラブラインも急流に乗る兆しを見せてラブラインでもハッピーエンドを迎えた。






004.gif
「Three Days」JYJ ユチョン&パク・ハソン、二人の愛の結末は?
TVREPORT |2014年05月02日13時30分

c0308778_16414529.jpg

c0308778_16414723.jpg


ハン・テギョン(JYJ ユチョン)とユン・ボウォン(パク・ハソン)が結ばれ、ハッピーエンドを迎えた。

韓国で1日に放送されたSBS「Three Days」の最終話ではハン・テギョンとユン・ボウォンの恋愛模様が急進展する内容が描かれた。

この日の放送ではヤンジンリでテギョンがイ・ドンフィ大統領(ソン・ヒョンジュ)を助け、再び警護官として一生懸命働く姿が公開された。テギョンは復職に成功し、ソウルで働くことになったボウォンが友人と仲良く会話をする姿に嫉妬を隠せなかった。そしてその友人に課長が探していると嘘を言い、ボウォンと二人きりになった。

テギョンは「ソウルに来たら、住むところは見つけたのか」と質問し「うちはダメだから」と強調した。ボウォンは困惑し「そこに行くとは言っていないんですけど」と答えた。

するとテギョンは「もう大変かなと思ってね。守ってあげるの」と伝え、ボウォンへのときめきが隠せなかった。そして恥ずかしそうに「行きましょう、僕も働かないと」と立ち上がった。また「家を見つけたら連絡してほしい。他の男に笑顔を見せないで……」と付け加え、嫉妬の気持ちを表した。テギョンの気持ちに気付いたボウォンは幸せそうな笑顔を見せた。


元記事配信日時 : 2014年05月02日01時33分
記者 : ハ・スナ




001.gif

どんどん記事が出てきます〜(*^o^*)

コメントは前記事にお願いします(^.^)
[PR]
by yon-mani | 2014-05-02 12:59 | ユチョンのドラマ

ユチョン大好きです!JYJを尊敬し、応援してます!


by yon