ソウルコン画像と記事いろいろ〜

セクシー\(//∇//)\

c0308778_20445357.jpg






ソウルコンお疲れ様でした〜o(^▽^)o

c0308778_20444236.jpg


c0308778_20444827.jpg

c0308778_20444912.jpg






056.gif
Kstyle記事より

JYJ、ファンに贈る涙と感動のラブレター…「有難くて、申し訳なくて、愛している」
OSEN |2014年08月10日17時46分


まるで一通のラブレターのようだった。長い月日を待っていた分ファンたち、そしてJYJもお互いへの最高のプレゼントになるように心から声を張り上げた。長々とした説明はなかったが、JYJとファンたちのお互いに対する深い愛情がたっぶり感じられた2時間だった。

JYJは9日午後、ソウル蚕室(チャムシル)メインスタジアムでアジアツアー「THE RETURN OF THE KING」のソウルコンサートを開催した。今回のコンサートは、2010年11月以来、約4年ぶりにJYJの3人が揃って蚕室メインスタジアムに立ったステージだった。先日、2ndフルアルバム「JUST US」をリリースしてショーケースを開催するなど、コンサート開催前からJYJとして活動を再開していたが、コンサートに臨む彼らを見るのは4年ぶりだっただけに、さらに格別なステージだった。
この日、会場にはJYJのコンサートを見るために約3万人のファンが殺到した。赤いペンライトを手にして客席を埋め尽くしたファンたちは3時間近いコンサートにも疲れた様子を見せずに熱い歓声を送り続けた。一緒に歌を歌ったり、休まずに声援を送りながらJYJのステージを存分に楽しみ、また一緒にコンサートに臨んだ。

1階や2階、3階にまで溢れていた赤いペンライトの波は美しく特別で、お互いに元気を与える魔法のような光だった。JYJは久しぶりのコンサートに来てくれた観客に感謝の挨拶をして、エネルギー溢れるステージを披露した。また、ファンたちも熱狂しながら、彼らの努力に答えた。特に、JYJのメンバーたちは観客に何度も感謝の気持ちを伝えて、視線を引いた。

ソロステージを終えたユチョンは「まだ真夏なのに、まるで秋のような天気ですね。涼しくて、気持ちいい天気です。ステージの裏でジュンスのステージを見ました。久しぶりにJYJのコンサートに臨み、会うことができて本当に嬉しいです。JYJのことを忘れずに来てくれて、本当にありがとうございます」とファンに感謝の気持ちを伝えた。

ジュンスも「毎回思うことですが、この会場は本当に広いです。こんなに多くの方々に来てもらえるとは思わなかったです。実は、昨日眠れませんでした。こんなに広い会場が埋まるのだろうかと心配でした。ありがとうございます」と話した。最初から何度もファンに感謝するメンバーたちの姿はファンを感動させた。

また、JYJはビデオレターを通じてファンたちに愛情を伝えた。ユチョンは「10年間、僕たちと一緒にいて、ついてきてくれたファンの皆さん、見えないところで笑ったり泣いたりしてくれたこと、分かっています。感謝の気持ちよりも申し訳ない気持ちの方が大きいです」と語った。ジュンスは「僕たちと一緒に作ってきた思い出、そしてこれから一緒に作っていく時間が、より大きな大きな幸せで、喜びになってほしいです」と言った。ジェジュンも「僕たちにとっていつも一番大切なのはこのビデオを見ているファンの皆さんです。有難くて、申し訳なくて、愛しています」と打ち明けて、ファンたちへの深い愛情を伝えた。

ビデオレターの告白のように、ありがたい気持ちよりも申し訳ない気持ちの方が大きかったためだろうか。JYJのために時間を作って客席を埋め尽くしたファンの気持ちに応えるために、最善を尽くしてステージを作ったことがひしひしと伝わってきた。広い会場だが、できるだけファンたちと身近に触れ合うために、突出したステージや2階客席前に簡易ステージを設けたり、移動車を利用したり、メンバー1人ずつ3~4曲のソロステージを披露するなど、色々と工夫した痕跡が見えた。

デビュー11年目のベテラン歌手だけに、ファンたちとのコミュニケーションの取り方やその深さも違った。ファンの心を動かす技術も秀逸だった。上半身に露出のある衣装で登場したジェジュンは、ファンたちが「脱いで!」と叫ぶと、そのまま衣装を脱ぎ捨てるなど大胆なファンサービスが続いた。熱いと言ったジュンスにも「脱いで!」という声がかかったが、「未成年者がいるから」とうまくその場を切り抜けるなど、センス抜群のコメントでファンを楽しませた。

メンバー同士で冗談を交わす姿も、10年以上一緒に過ごしてきた家族のような彼らだからこそ、違和感なく自然に感じられた。ジェジュンとユチョンがジュンスをからかって、ジュンスはいつものことだという表情をしている姿から、彼らを結びつける深い友情が伝わってきた。ファンたちも全てを知っているような視線で彼らを見守り、まるでJYJとファンの暗号交換のような雰囲気だった。

約20曲を披露したJYJはコンサートの終盤、「あっという間にコンサートが終わりますね。改めて感情がこみ上げます。3年ぶりのJYJコンサートなのに、こんなに多くの方々に来てもらって、本当にありがとうございます」と、ファンへの感謝の気持ちを伝えた。最後の最後までファンへの気持ちが伝わる挨拶だった。「新曲をテレビでお見せできなくて、コンサートでしか披露できません」と淡々とした様子で言いながらもその特別さを強調したように、ファンたちにもそしてJYJにとっても格別な時間だった。


以下略


元記事配信日時 : 2014年08月10日11時20分
記者 : ソン・ミギョン

c0308778_20451283.jpg








060.gif

“王の帰還”JYJ、彼らとの2時間が完璧だった3つの理由
OSEN |2014年08月10日11時54分

c0308778_20444381.jpg

c0308778_2044434.jpg



JYJが4年ぶりに単独コンサートを開催した。10年間変わらずJYJを愛してくれたファンたちは、この日も赤い光と熱い声援で蚕室(チャムシル)総合運動場メインスタジアムを満たした。

JYJは9日午後、ソウル蚕室メインスタジアムでコンサート「THE RETURN OF THE KING」を開催した。夜の涼しい空気は直ちに熱気に包まれ、長い間JYJを待っていた3万人のファンたちは心から熱狂した。個別活動で忙しかったJYJの3人は見事に復帰し、約2時間のコンサートを完璧にこなしてファンたちに感動を与えた。

“4年ぶりのコンサート”再び集まった3人

JYJが3人揃って蚕室メインスタジアムに立ったのは約4年ぶりのことだ。ジュンスはミュージカル、ジェジュンはドラマ、ユチョンは映画など、先日まで多忙なスケジュールをこなしていた3人だっただけに、彼らのカムバックはファンたちにとってさらに意味深かった。コンサートの途中にJYJは「僕たち3人がこのように一緒にステージに立っている姿を見るのも久しぶりですよね?僕たちもとても会いたかったです」と言って、ファンたちへの愛情を表した。

そして、JYJの健在さを証明でもするかのように、3人はいつも一緒に居たかのような完璧なコンサートを披露した。コンサート開始早々「Creation」「Be the One」「BABO BOY」でダイナミックなステージを披露し、その後は「Let Me See」「In Heaven」で変わらない歌唱力と甘いハーモニーで観客たちの心を掴んだ。

ファンたちも赤いペンライトを振りながら一緒に歌を歌って、JYJの情熱に答えた。メンバーたちは「久しぶりのコンサートなのに、多くの方々に来てもらって本当に感謝します」と言って、何度もファンたちに感謝の気持ちを伝えた。.

“3人で、そしてソロで…”様々な魅力が詰まったステージ

この日、長年培ってきたJYJの実力も遺憾なく発揮された。JYJの3人で歌う楽曲は、ほとんどニューアルバム「JUST US」の収録曲だった。また、それとは別に1人ずつ3曲のソロステージを披露した。この日のコンサートは3人だからこそ輝くステージだったが、ソロステージもそれに引けを取らないほどエネルギーに溢れていた。

ジェジュンは「Dear J」「Butterfly」「Mine」を歌い、彼ならではのロックスピリッツを誇った。情熱で満ちたステージは会場をさらに盛り上げた。そして、ジュンスは「七歳」「Tarantallegra」「Turn it Up+Incredible」でステージを飾り、多様な魅力を発散した。ユチョンはナチュラルなステージマナーで「三十」「彼女と春を歩く」「 I Love You」を熱唱した。

“「BACK SEAT」放送禁止?”ここでしか見られない

この日のコンサートのクライマックスは、断然「BACK SEAT」だった。ニューアルバムのタイトル曲でもある「BACK SEAT」は、6日にKBSの歌謡審議会から放送不適格判定を受け、話題となった。コンサート以外にJYJの「BACK SEAT」のステージが見られるところが他にあるだろうか。

JYJは「放送禁止曲ぐらい一つは持っておかないと。放送よりもこのようなコンサートで皆さんに会えることの方がもっと特別なことです」と言ってクールな態度を見せた。敏感な話題にも余裕を見せたJYJは、完璧なラストステージを披露した。この日の観客たちにとっては最高のプレゼントだったのではないだろうか。
元記事配信日時 : 2014年08月10日07時39分
記者 : キム・サラ






003.gif
カワイイな〜と思ったら芸能人だったのね〜


Jewelry キム・イェウォン、JYJ ジェジュンとのツーショット公開…“コンサートに招待してくれてありがとう”
OSEN |2014年08月10日13時02分

c0308778_20444117.jpg


Jewelryのキム・イェウォンが、JYJのジェジュンとのツーショットを公開した。

キム・イェウォンは10日午前、自身のInstagram(写真共有SNS)に「超カッコ良かった!3年ぶりのJYJコンサートに招待してくれてありがとう。天気も雰囲気も最高!ワールドスターだね!羨ましい!」という書き込みと共に、写真を掲載した。

公開された写真には、キム・イェウォンの肩に手を乗せて大きな瞳でカメラを見つめているジュジュンと、ジェジュンの傍で微笑んでいるキム・イェウォンの姿が写っている。特に、二人は兄妹のように仲睦まじいポーズでファンたちの嫉妬を呼んでいる。

写真を見たネットユーザーたちは「私もJYJコンサートに招待されたい」「姉さん、凄く羨ましい」「二人はどうやって知り合ったのかな」など様々な反応を見せた。





063.gif

そして記事にもなったジュンス発言( ̄+ー ̄)


10asia記事 一部抜粋




同日、JYJは3万人あまりの観客たちの前で'クリエーション(Creation)'、'ビ・ザワン(Be the one)'、'パボボーイ(BaBo Boy)'などダンス曲の舞台で華麗なコンサートのスタートを知らせた。続いてメンバーたちは多様なダンス曲とバラード曲のソロ舞台で熱気を加えた。

ジュンスは"私たちが10年後もダンスを踊ることができるだろうか"と笑顔を見せた。これにジェジュンは"ところで最初にティーザーが出てから新人グループだと思った"、"キン ジュンス、ジェジュン、パク・ユチョン、新人グループかと思った。初々しい"と笑った。続いてジェジュンは"ところが、放送禁止を受けた"とジョークを飛ばした。

ジュンスは"受けなくてもどうせ出られない。受けて良かった"と話した。パク・ユチョンは"テレビに出られなくても公演でファンたちと会えていい"と付け加えた。




072.gif
ジュンスのこういう正直で天真爛漫なところが好きだわ(*^^*)





053.gif
まだまだステキユチョンは続きます…



c0308778_20444971.jpg

c0308778_204450100.jpg

c0308778_20445075.jpg

c0308778_20445160.jpg

c0308778_20445289.jpg

c0308778_20445254.jpg







続いてファンカメ〜(((o(*゚▽゚*)o)))

c0308778_20445454.jpg

c0308778_2045276.jpg

c0308778_2045282.jpg

c0308778_2045830.jpg

c0308778_2045331.jpg


c0308778_20451318.jpg

c0308778_20451450.jpg



美しい〜

c0308778_2045889.jpg

全く嫉妬心わかないわ〜






004.gif
ダンサーさんと一緒♡

c0308778_2045927.jpg

c0308778_20451087.jpg

…ん?あれれ?ユチョンどこ⁇








「ここだよ〜♡」

c0308778_20451049.jpg







063.gif
ソウルコン大成功で終わりましたねo(^▽^)o
涼しくて良かったみたいだけど〜すごい虫!蛾!(@_@)
DVD化しますよね⁇絵的にどうなるか心配(;^_^A

つべもたくさん上がってきてるけど、ジュンスフォーカスの画質の良さ!隠し撮りとは思えないクオリティーに驚き( ̄◇ ̄;)


そして赤いマイクがバラの花に見えた私(^^;;

c0308778_20451375.jpg


ジェジュンが日本もまわるといったようで…10月以降ね。発表お待ちしておりますm(_ _)m


「ヘム」シン監督やサンホさん、イェリちゃんのユチョントークも上がってきてます(^o^)
それはまた次の機会に(`_´)ゞ








※画像、お借りしました。
[PR]
by yon-mani | 2014-08-10 20:35 | ライブ

ユチョン大好きです!JYJを尊敬し、応援してます!


by yon