パク ユチョン、これからだ!(^∇^)インタビュー他

まだまだ続くユチョンインタビューo(`ω´ )o

「MAX MOVIE」画像のみ〜

c0308778_21261886.jpg

c0308778_21261918.jpg

c0308778_2126206.jpg

なんだこれ、右から左から正面からユチョン(≧∇≦)最高だわ♡
…まっすぐ見つめられるとはじゅかしい\(//∇//)\
カメラマンさんグッジョブ(=´∀`)人(´∀`=)






韓国記事

http://www.yeongnam.com/mnews/newsview.do?mode=newsView&newskey=20140815.010370752590001


「シネトーク」ヘムで映画デビューしたパクユチョン

c0308778_21261396.jpg



パク・ユチョンは今お茶の間劇場が注目する最も'ホット'な俳優だ。国内外の多くのファン層を抱えているトップアイドルグループ出身というスター性のためだけではない。彼は、同年代のアイドル出身が実現できなかった印象的な行動を着実に見せてきた。ドラマ'成均館スキャンダル'(2010)のイソンジュン役で一気に注目を受けた後'ミスリプリー'(2011)、'屋上部屋の皇太子'(2012)、'会いたい'(2013)、そして最近'スリーデーズ'(2014)まで、欠かさず多様な色の演技を見事に消化し、大衆の愛はもちろん、厳しい評論家たちの賛辞まで導き出した。毎年各放送局の演技大賞の授賞式で、彼が新人賞や演技賞を総なめしたのは、彼に対する傍証だ。

中略

-ドラマとは違う映画撮影の経験は初めてだが?


"初めてだ。現場の雰囲気もそうだし、テンポも最初は適応ができなかった。これまで行ってきたTVドラマも人々とする作業ではあるが、先輩らと別に個人的な時間を設けることが困難で、歌手の時はなおさらそうだった。だから、そんな席が序盤にはぎこちないし、何を話せばいいかわからず不便だった。ところが先輩たちがそんな私をたくさん引っ張ってけれた。その後、私もできるだけ先輩たちと時間を一緒にしようと努力した。映画や演技的な話よりは、主に日常的なものを話題にしたが、過ぎてみればとても重要であり、必要な時間だったということを改めて感じている。"


中略


-所属事務所(シージェスエンターテインメント)にもチェ・ミンシク、ソル ギョングなど立派な先輩たちがいるが、彼らから演技に対する助言は受けなかったのか。

"彼らは酒を教えてくれた。(笑)特にギョング兄さんとは酒席を頻繁に行く方だ。しかし、酒席で映画の話は一切しないです。ただ楽しく遊んで食べるべきだという雰囲気だ。それが本当にカッコいい。ギョング兄がたった一言言って下さったのが'、初映画の公開を控えているその気持ちを最大限長く憶えていろ'という言葉だった。その感情を長く持っていれば得になると仰った。ミンシク兄さんは試写会が終わって打ち上げの時来て私の顔をなでながら'苦労した'と言ってくれた。ところが短いその一言がとても慰めになった。もし父が生きていてくれたなら、このような感じだったようだという考えに涙が込み上げてきた。今も先輩たちから多くの慰労と感動を受けている。"


中略

-演技が楽しいか?


"誰かがこんな話をして下さった。初めて演技を始める時は、誰かを生きてみるという間接経験がドキドキして身近に感じられると。その時はこれといった感じがなかったが、やって見ると本当に格別だった。私がパク・ユチョンとして生きることより他の誰かの人物として生きていくその少しの時間で学ぶこともはるかに多かった。'ヘム'をしながらはまた違っていました。私が芸能界にデビューして10年間にわたり活動しながら感じてきたものより、先輩たちと作業してきた6ヵ月間、演技者として必要なたくさんの教訓と感情を分かるようになった。誰かの代わりに生きるというのがどれほど責任感が強くて重大なことなのかについても感じるようになり、多くの人たちと頭を突き合わせ苦悩することが生きて行く上でありふれていないことであるため、さらに楽しくてやりがいのある仕事だと思うようになった。もちろん、消耗してバテたりはしたが、演技は本当に魅力的な職業だ。"


-歌手生活をしながらの感情とは違うか。


"明確に違うようだ。歌手はやや断片的な感じが強いなら、映画は長編小説を見るような感じと言うか。短編と長編はサイズからして違う。音楽はそれでも引き続き聞くことができ、簡単に接することができる。そして音楽を通じて慰めを受けられるが、映画は教訓を得られると思う。"



-未来に対する計画や決心があれば。

"これといった約束や計画より願いがあるとすれば最大限長い時間 演技をしたいということだ。歌手は、今後ボーカルよりは作曲をしたい。それでもいつでも私たち3人(JYJメンバー)が集まってできるので私の席は残しておくつもりだ。しかし今、重要なのは演技を頑張ることだ。演技をするのに必要なさまざまな条件があるだろうが、まずは演技するのに役立つような人生を生きてみたい。"



-俳優としての欲があるなら。

"欲はない。昔、ミンシク兄さんがこのような言葉を言ってくれた。自分がどんな人になったのかが大事なのではなく、どんな人になっていても、すべての人は皆 屋台で会うと。つまり、縛られず、些細なものを大事にして生きろとおっしゃった。とても包括的な言葉だが、多くの事を考えされられた。演技者パク・ユチョンとして本当に誰かにとっての喜びであり、悲しみに慰めになる希望的な人になれたら嬉しい。多くの人の憩いの場になれるそういう俳優にだ。"



053.gif
ゆちょぺんにとって、すでにユチョンは喜びであり癒しであり希望的な人であります( ´ ▽ ` )ノ
周りに素敵な大人がたくさんいてくれて本当に嬉しいです(*^^*)







004.gif

ユ スンモク氏インタビュー、ユチョン言及部分抜粋


…今回の映画で初めてスクリーンデビューしたパク・ユチョンについても、称賛が続いた。映画の中のパク・ユチョンはホンメ(ハンイェリ)に一目惚れする、チョン・ジン号の最年少の乗組員のドンシク役を演じた。アイドルグループJYJメンバーであると同時に演技者として活躍中の彼は、その他の新人俳優たちに劣らない情熱でキャラクターを完成した。好評も殺到している。

ユスンモクは"パク・ユチョンは映画演技は初めてだが、これまでドラマで演技を多く経験したきた"、"本人の努力が素晴らしかった。体重も増やして方言を学び、水夫になるために努力した"と話した。

さらに、"現場でも末っ子ドンシクのように黙々と先輩たちによく従っており、ある時は愛嬌も振りまいた"、"実際は本当に大変だったのに大変な顔を一度もしなかった。'どうすればあんな風に出来るのか?すごい'と思った"と付け加えた。


070.gif
ユ スンモク氏とは…

c0308778_21261439.jpg


ユチョンが甘えてるこの方のです(*^^*)
ユチョンも演技が上手くて、私生活では娘の優しいパパのユ スンモクさんに憧れると言ってましたね^ ^








071.gif

ハン イェリちゃんFacebookよりo(`ω´ )o
イェリちゃんファンのサポート♡

c0308778_21261482.jpg

c0308778_21261527.jpg

ユチョンもサンドイッチ頂いたのね〜なんて優しい笑顔ヽ(;▽;)ノ←泣いちゃう







053.gif
オマケの素敵ユチョン♡



c0308778_21261756.jpg




c0308778_2126187.jpg


…めっちゃエロいぞ、ユチョン。ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌( ̄◇ ̄)┘
…いいね、その調子でガンバレ( ̄+ー ̄)







※画像、お借りしました。
[PR]
by yon-mani | 2014-08-21 21:26 | ユチョンニュース

ユチョン大好きです!JYJを尊敬し、応援してます!


by yon