ネムボソ 8話 あらすじ←ユチョン中心

おぉーε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

2話続けてですか!!
すっかり油断してたわ!!!




c0308778_1714091.jpg

c0308778_1714137.jpg





見てるこっちはこんなですよ。⤵︎

c0308778_1715371.jpg

ユチョンにユチョペン演じてもらいました。





c0308778_1714282.jpg

「…口元、なんもついてなかったやん」






c0308778_1714239.jpg

c0308778_1714353.jpg

「オ チョリム、お主 なかなかの策士やのう」




c0308778_171521.jpg

え?なんか言った??





c0308778_1715346.jpg

「…いいえ…完敗っす」













004.gif

そんなこんなでムガク中心あらすじスタート(・ω・)ノ





犯人に刺されたムガク。
ヨムミは、ムガクが犯人の顔を見ていて現在は意識不明。この事実をなるべく拡散して情報収集するよう指示する。

一目ムガクの顔を見たいというカン係長に、「ムガクの顔を見たからって犯人は捕まりません、早く仕事を始めて下さい」と、冷たく言い放つヨムミ。
「血も涙もない」とボヤく強力班メンバー。



刺されたと聞いて飛んできたチョリムは号泣

c0308778_1715422.jpg





ジェヒはお弁当の差し入れをしたいとの理由で、病院に張り込んでいる刑事の人数やムガクの状態をチョリムから聞き出す。

犯人をおびき出す為、ムガクが意識不明だとの情報を流したがまんまと裏をかかれ作戦は失敗。

犯人の顔を憶えていないと悔しがるムガクに、作戦は失敗したが、犯人は近くにいる人間だと見当をつけたヨムミ。

c0308778_172053.jpg






004.gif
お見舞いに来たチョリム。

チョリム「嘘つかれたのはムカつくけど、嘘で良かった。
いや、私は嘘じゃないかと気がついてたんだけとね」

c0308778_1715519.jpg

ムガク「そうか?あまりに悲しそうに泣くんで、思わず作戦を忘れて一緒に泣きそうになってたのに…」

c0308778_1715537.jpg

チョリム「それは…隣の子犬が危篤になっても同じように泣いてたわ」


ムガク「…悲しかった?」


チョリム「あんなに危険な仕事をしてると思わなかった…」


電話が鳴り車椅子から手を離すチョリム。

c0308778_1715651.jpg

坂道を下るムガクヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3
c0308778_1715892.jpg


c0308778_1715620.jpg

c0308778_1715735.jpg



ムガク「おい!本当に危険だったぞ!!俺には犯人よりお前の方が怖い!」

c0308778_1715754.jpg



チョリム「…本当に怖いのがどんなものか見せてあげる」
c0308778_1715894.jpg


ムガク悲鳴

…ユチョン最高ψ(`∇´)ψ






053.gif

テレビ電話で買い物の指示をするムガク

c0308778_1715983.jpg

ムガク「キャベツ!違う、隣の方が新鮮に見える」

チョリム「全く…他人が見たら恋人同士だと思われちゃう…」

c0308778_17227.jpg


ムガク「タングン!」

チョリム「タングン(当然)って…」

ムガク「そこ!タングン!(人参)」


はは〜ムガク意地悪(^∇^)




c0308778_172180.jpg

ムガク「ゆっくり、早く帰って来い」


甘い、甘いよε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘






身だしなみを整えるふたり

c0308778_172058.jpg

c0308778_172198.jpg


恋の始まりは楽しいよね〜( ̄ー ̄)



母のレシピでトッポッキを作らせるムガク



c0308778_172358.jpg



c0308778_172364.jpg



c0308778_172473.jpg


ムガク「少しは料理出来るのか?余計なことせず、言われた通り作れよ」

c0308778_172429.jpg

c0308778_172586.jpg

チョリム「少し黙っててくれますか?あっち行って休んでて下さい」


c0308778_172652.jpg

ムガク「…はーい」


_| ̄|○←萌え死んだ



味見するとイマイチ。

c0308778_17279.jpg


チョリム「辛い!どうせ味がわからないんだし、ま、いいか♡」←こらこら



美味しそうにパクパク食べるムガクを微妙な表情で見つめるチョリム

c0308778_17272.jpg

チョリム「良かったらこれもどうぞ」


ムガク「昔オンマが作ってくれたトッポッキを思い出す。味はわからないけど胸があったかくなる」


チョリム「私には三年間しか記憶がないの。両親の写真を見ても何も思い出さない…
頭で憶えてなくても心で憶えていてもいいはずなのに…そんな自分が怖くなることもある…」


c0308778_172829.jpg

ムガク「なぜ思い出そうとしないんだ?」



c0308778_172988.jpg

チョリム「思い出そうとすると頭が痛くなるしイライラして…
解けない問題はそのままにしておくことに決めたんです。」



ムガク「そうだな、時がくれば解決するだろう」





チョリム「ん?チェ巡査、付いてるわ」


c0308778_172994.jpg

c0308778_1721039.jpg


c0308778_1721028.jpg

c0308778_1721111.jpg

c0308778_1721148.jpg

c0308778_1721243.jpg

c0308778_1721338.jpg

c0308778_172138.jpg


c0308778_1721441.jpg

突然身体を離すムガク


c0308778_1721416.jpg


チョリム「やだ、もうこんな時間!帰ります!見送らなくて大丈夫!」


c0308778_1721568.jpg

わき腹を押さえるムガク。
キスしたら痛みを感じた?





c0308778_1993393.jpg

…うちのマンションの1029号室確認したらチェさんじゃなかった、残念←だろうね。


056.gif
キ刑事にロシア人の恋人から電話が

c0308778_1721614.jpg

「どうした、何を送ったんだ?」


c0308778_1721638.jpg

「うわ!俺の顔!!
え?寂しくて俺の顔を描いたって?一番大きいのは机に飾って、一番小さいのは持ち歩けって?」


c0308778_1721796.jpg

「おい、仕事はしないのか?」



⤴︎ここ、第8話で一番笑った( ̄▽ ̄)

後ほど、このマトリョーシカにヒントを得てチョン ベッキョンの車が監視カメラに写ることなく運ばれた謎が解けたんですね〜

c0308778_1721727.jpg


ちゃんと意味のあるシーンだった(^∇^)







004.gif

チョン ベッキョンの葬儀に来たふたり

c0308778_1721862.jpg

クォン ジェヒが葬儀を取り仕切ったと知る。

c0308778_1722268.jpg




c0308778_1721836.jpg

ムガク「チョン ベッキョンは僕を呼び出して何を言いたかったんでしょうか。
そして、なぜ三年前に亡くなったチェウンソルのカルテを閲覧しに行ったのか…」


ヨムミ「もしかしたら…まだ生きているチェウンソルを見たのかも…」

ムガク「生きている?どういう事ですか?すでに死亡申告されているのに…」



ムガクを連れてチョリムの父の元へ

父「来たって言う事は何もない」

ムガク「僕の妹が殺人の目撃者、チェ ウンソルと間違われて殺されたんです。生きているチェウンソルどこにいるんですか?」

父「❓⁉️
怨恨のある者は捜査から外すのが鉄則だろ」

ムガク「チェウンソルを隠す理由はなんですか?」

父「私は…知りません」





070.gif
チョン ベッキョンの残した日記から「目撃者は生きている」とのメッセージを見つけたジェヒ。

チョンの貸し倉庫から、チェウンソル=オ チョリムのレントゲン写真を見つけたジェヒ。
「目撃者は生きていた…」






072.gif
チョリムの家でラーメンを食べるエリ

エリ「そういえば、チェ巡査の怪我は大丈夫なの?」

チョリム「知らない!…あの日あんな事があったのに連絡ひとつない…」

エリ「あんなこと??あんた、キスしたんだね?キスして連絡もしないなんて…別れちゃいな!いや、まだ付き合ってもいないか」





071.gif

チョリムの父を尾行するムガク。

家の近くでチョリムとばったり会い見失ってしまう。

c0308778_17222100.jpg


父「明日からしばらく家を空ける」

チョリム「また?いつものことだけど…」

父「最近は…どうだ?」

チョリム「変わらないわ。思い出そうとすると頭が痛くなるし…」








070.gif

チェ ウンソルの名札を見ながら

c0308778_1722668.jpg

「あの時、確かに殺したはずなのに…」




ジェヒ監視の元、日記をつけるチョリム母

c0308778_1722733.jpg

そこに記してあったウニのワカメスープのレシピをヒントに、放送でその味を再現する。

ジェヒ「今日作るワカメスープのコツは、アワビの殻を入れることです…」




c0308778_1722962.jpg


チョリム「シェフ、…このスープはどうするんですか?」

ジェヒ「チョリム氏、持って行きますか?」





053.gif
チョリムの家の前で待つムガク
c0308778_1722382.jpg


チョリム「遅くなってごめんなさい!」

ムガク「遅くなるなら連絡しろ、急いで来たら危ないだろ」

チョリム「ウニ入りワカメスープよ!」

ムガク「ウニ入りワカメスープ??うわ〜最高!」
c0308778_1722415.jpg


チョリム「味もわからないくせに…
はい、帰って温めて食べて」




c0308778_1722531.jpg

ムガク「…怪我も治ってない俺に自分で温めてて食べろと?」

チョリム「じゃあうちで食べる?スープだけさっと食べて帰ればいいわ」

ムガク「おい、ご飯はくれよ」

チョリム「ご飯はあげるけど食べたらすぐ帰ってね」



c0308778_1722440.jpg

ムガク「すぐって…ご飯食べて水も飲んで少し休んだらあっという間に朝に…
はい、わかりました」




チョリムの家

c0308778_1722656.jpg

匂いがわからないけど嗅いでみるムガク♡


ムガク「今日は何してた?」

チョリム「クォンシェフの収録に行ってたの!」

c0308778_1722728.jpg

ふん、と面白くないムガク




c0308778_1722847.jpg

懐かしい故郷の味に…いや、味はわからないけど美味しそうにむしゃむしゃ食べるムガク♡

c0308778_1722083.jpg



スープを飲んで涙ぐむチョリム

ムガク「一体どうした?」

チョリム「この味…知ってる…人の顔が思い浮かぶ…」


c0308778_1721963.jpg



つづく〜(=゚ω゚)ノ


涙を流すチョリムの隣にさっと移動するムガク様が素敵過ぎる;_;








063.gif

オ チョリム=チェ ウンソルに先に辿りつくのはムガクか、それともジェヒか?(°_°)

そしてふたりのキスシーンはこれからもあるのか??←あるに一票

チョリムとのキスで痛みの感覚を取り戻した風なムガク♡

妹はチョリムと間違えて殺されたと知った時、ムガクはどうするんだろう(・_・;









053.gif
ムガクはフォーク握りしめたままキスしてた。


c0308778_1722179.jpg

c0308778_1722191.jpg

ムガクの食いしん坊を表現した細かい演出o(`ω´ )o



視聴率は回を追うごとアップしていき、初回5.6%→7話8.1%、8話は8.3%!
ユチョンの演技にも絶賛の嵐^ ^

このままGOGO!o(`ω´ )o




※画像、お借りしました。
[PR]
by yon-mani | 2015-04-25 17:01 | ユチョンのドラマ

ユチョン大好きです!JYJを尊敬し、応援してます!


by yon